2013年07月28日

栗の病気、原因判明。

IMG_2037.JPG

最近は目も落ち着いていて、目薬も朝晩程度になっていたのに・・・
また手が臭い!!!

排泄後の砂被せ行動ができないコなので、いつも壁をず〜〜〜〜っと叩く
(叩いても砂は被らないのでいつまでもやっている)。
その為に肉球を擦り過ぎてバイキンが入り、化膿していたのかと思っていたのですが・・・
(※毎回手を擦る左手が化膿していたし、ほかに思いつかなかった)


今回(3回目)は右手。
あれ?じゃあ擦ったせいじゃない?

不思議に思いながら病院へ。

前の2回と同じ症状で抗生物質の注射をすると良くなるが、なぜ繰り返すのかが分からなかった。

そのちょっと前に唇の内側に口内炎のようなものが出来ていて、これも何度か出来たことがあったけど
数日で治るので、多分何かガジガジ噛んでちょっと傷ついたのだろう位な感じで(自然に治ってた)
あまり気にしてなかったけど、ついでだからと診てもらった。。。


すると・・・・


先生も今まで肉球の化膿の原因を不思議に思っていたところにこの唇の方をみて、
「あ〜〜〜〜っ」と思うところがあったらしく本を出して説明してくれた。


口は・・・「好球性肉芽腫症候群」(病型=無痛性潰瘍)

肉球は・・「形質細胞性足皮膚炎」


  ↑ 病名をclickすると、詳しい説明のサイトに飛びます
原因はいくつかあるようだけど、栗ちゃんの場合に考えられるのは 免疫系疾患だろうということ。

今まで「メニにゃん」や「牛の初乳」などのサプリを飲ませてきたけど、やめた方がいいとのこと。

「免疫が無い」のでは無く、「免疫をコントロール出来ない」ので、免疫力をつけようとすると

過剰反応する可能性が高い。

原因がわかった今回は抗生物質だけじゃなく、ステロイドの注射もすることに。


でも、治す方法は無く なった時の対処法でいくしかない。
ステロイドの飲み薬を飲んだところで、長く飲むと弊害が起きるので・・・


何でこんな体に生まれてきたんだろう・・・と栗が可哀そうで仕方ない。

最近は病院に行く時が分かるらしく、こちらがしら〜〜〜〜っとしていても何故か逃げて出てこないし、今まではわりとケロッとしていた病院も、診察前からガタガタとずっと震えて怯える。


これからも病院とは縁が切れないだろうし、せめて怖がらなくするにはどうしたらいいのかな〜〜・・・・(/_;)

IMG_2036.JPG
posted by m* at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | にゃんこ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71433155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック